一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

糖尿病の新しい診断基準を7月に施行 日本糖尿病学会

キーワード: 糖尿病

 糖尿病の新しい診断基準の概要が、5月27日〜29日に岡山で開催された「第53回日本糖尿病学会年次学術集会」で発表された。今回の診断基準の改訂は、前回の改訂から11年ぶりとなる。新基準は7月1日に施行される。

 新しい診断基準では、診断基準に「HbA1c値 6.5%以上」([JDS値] 6.1%以上)が追加される。

 従来の診断基準では、①早朝空腹時血糖値 126mg/dL以上、②75g糖負荷試験(OGTT)で2時間値 200mg/dL以上、③随時血糖値 200mg/dL以上―のいずれかの血糖値が認められる場合に「糖尿病型」と診断し、別の日に行った検査で糖尿病型が再確認できれは糖尿病と診断している。HbA1c値は補助的な位置付けで、「HbA1cが6.5%未満であっても糖尿病を否定する根拠にはならない」としている。

 しかし、HbA1cは採血時から過去1、2ヵ月の平均血糖値を反映する指標として有用であり、検査を行いやすいことから、今回の改訂で、上記の①〜③に「④HbA1c値」が加えられる。血糖値とHbA1cの両方が糖尿病型であれば、1回の検査でも糖尿病と診断できるようになる。これにより糖尿病の早期発見・治療の促進につながると期待されている。

 新診断基準にHbA1c値が加わっても、糖尿病の診断は血糖値(①空腹時血糖値、②糖負荷試験(OGTT)、③随時血糖値のうちいずれか)とHbA1cの両方を評価するよう定められており、初回検査と別の日に行った再検査でHbA1cのみを満たすだけでは糖尿病と診断できない。

 初回検査でHbA1cが高く糖尿病型と判定し、再検査でもHbA1cが高く糖尿病型と判定しても、血糖値が糖尿病型でなければ「糖尿病疑い」にとどまり、「3〜6ヵ月以内の再検査」が必要と判定する。ただし、初回検査で「血糖値のみ糖尿病型」の場合は、糖尿病の典型的な症状や確実な糖尿病網膜症のいずれかが認められる場合は糖尿病と診断できる。

 なお、HbA1c値については、国内の測定法によって得られるJDS値を、欧米を中心に使われている測定法であるNGSP値に補正し表記する方針を打ち出した。検体や測定方法を変えなくとも、JDS値に0.4を足した値がNGSP値とほぼ同じであることが確かめられたという。変更は1年後をめどに行うとしている。

第53回日本糖尿病学会年次学術集会
社団法人日本糖尿病学会

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
川柳募集2023
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート