一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

日本人女性の加齢による体形変化 変化が小さい女性は活動的

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) セルフケア

 日本人女性は加齢によりウエスト周囲径や体重が増えていくことが、45年間にわたる計測調査であきらかになった。加齢による体形変化が少ない人は活動的な生活をおくり、規則正しい食生活を維持しているという。

 この調査は、ワコール人間科学研究所が、45年間にわたり4万人を超える女性を対象に行ってきた人体計測の結果をまとめたもの。調査では、1950年代に生まれた約1800人の体型計測値を分析、さらに1950・60年代に生まれた対象者から抽出した100人を30年間時系列で追跡したデータを分析した。

 そのうち加齢による体形変化が「小さな群」12人と、「平均的な群」16人を抽出して、臨床検査(血液検査、骨密度、脈波伝播速度検査(PWV)など)、体組成、体力測定(全身持久力、筋力など)、生活習慣などの問診を実施し、違いを比べた。

 その結果、体形変化が「平均的な群」では、BMI(体格指数)が平均21.8、体脂肪率が平均31.1%。一方、体形変化が「小さな群」ではBMIが平均19.5、体脂肪率が平均24.6%と大きく差が出た。

女性の加齢による体型変化には一定の法則がある
 1950年代生まれで現在50〜60歳になっている女性では全体に、20歳代後半時は体が細くひきしまっていたが、30歳代以降は体重、ウエスト周囲径(腹囲)、ヒップ周囲径などがどんどん増えていくことが分かった。25年間で腹囲は平均で10cm太くなり、体重は5kg増加していた。

 加齢による体形変化では、ヒップ下部がたわむ→ウエスト周辺のメリハリがなくなり、ヒップ頂点が下がり、バスト下部がたわむ→ヒップが内に、バストは外に流れる、という一定の法則があることがあきらかになった。加齢で変化していく順序は同じだという。

 一方で、20代から50代までの30年間を追跡した100人のなかで、体型変化が小さく、若いときの体型を維持している女性も25%いた。

 加齢による体型変化が小さかった女性は、(1)体脂肪が少ない、(2)持久力、筋力があり、疲れにくい、(3)ぐっすり眠れている(上質な睡眠)、(4)ストレスをうまく消化している、(5)生活習慣病の該当者、予備群が少ないという特徴がみられたという。生活行動を詳しく追跡調査したところ、「活動的な日常生活」、「暴飲暴食をせず規則正しい食生活」といった共通点があった。

 さらに同研究所によると、「加齢による体型変化が小さい人は、自分のからだに合う下着を着用していた」という。「20代用に開発されたブラジャーを40代の女性が着用するとブラジャーのパワーが全体に伝わらず、上胸まで美しく整えることができない」としている。

からだのエイジング(ワコール人間科学研究所)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

テーマ ▶ セルフケア

2022年02月28日
体重計はもっていても使わない人が45% 体重測定をしない理由は男性は「面倒くさい」 女性は? 意識調査
2022年02月28日
多様な運動を組合わせた「カクテル運動」で健康に 忙しくて運動の時間をとれない人も大丈夫
2021年05月06日
【健やか21】児童生徒の新型コロナウイルスへの感染状況や学校の感染症対策など感染症の専門家へのインタビュー動画の公開について(文部科学省)
2021年02月26日
【健やか21】学会からの提言「新型コロナ感染症拡大予防のために- 園や学校現場等における 歯みがき・うがい・食べ方について -」の掲載について(日本小児歯科学会)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート