一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

農水省が「医農連携」を研究・計画

キーワード: セルフケア 健康食品 食生活

 農林水産省は、農林水産研究開発の10年後の重点目標を示した新たな「農林水産研究基本計画」をまとめ、4月8日に公表した。予防医学の推進や医農連携を重点の1つとして取り上げている。

 計画では、経済と環境の両立を世界と日本の成長の原動力とする必要があるとの考え方を示し、食料問題の解決や低炭素社会への適応などを柱とした「グリーン・イノベーション」、予防医学に向けた食品開発や医療分野への展開などを柱とした「ライフ・イノベーション」、環境資源の活用などを柱とする「基盤的研究」を掲げた。

 なかでも「医農連携による健康社会の実現」で計画しているのは、これまで利用されていなかった生物機能を医療分野で活用する技術の開発だ。すでにカイコに新たな遺伝子を導入し、蛋白質や高機能を与えた絹糸を生産させるなどの成果を得ている。今後は、こうした絹糸などを用いた人工血管、軟骨・角膜再生用素材および創傷被覆材の実用化など、医療分野などでの生物産業の創出に向けた技術を開発する。達成目標は10年間。

 農林水産物・食品の開発では、農産物の機能性成分の開発や実証を通じて、高血圧、脂質代謝異常などの生活習慣病を予防する作用メカニズムの解明と技術を開発する。これも10年間の達成目標を掲げた。この分野の実績としてはメチル化カテキンの抗アレルギー作用を解明して、これを含む茶品種「べにふうき」を開発し、商品化している。

農林水産物・食品の機能性解明と情報の整備・活用 【主な達成目標】
    5年まで
  • 生活習慣病のリスクを低減するため、大麦グルカン、サツマイモアントシアニン、みかんカロテノイド、茶カテキンなど、米、畑作物、野菜、果樹、工芸作物などについて、高血圧、脂質代謝異常症などを予防する機能性成分の同定と作用機序の解明、農林水産物・食品機能データベースのプロトタイプの構築
  • 乳酸菌などの微生物や畜産物成分の機能性の解明。アレルギーや生活習慣病などの予防・リスク低減効果を有する畜産素材・食品の開発
    10年まで
  • 新たな機能性成分の同定と作用機序の解明。高血圧、脂質代謝異常の予防、アレルギー・炎症抑制などの目的別機能性成分やそれを含有する農林水産物・食品についてデータベースを開発
  • 抗酸化指標としてのORACなど、同様の機能を有する成分・食品の機能性の比較評価を行うための指標の開発
  • 生活習慣病予防効果などの機能性成分などに重点を置いた茶品種の育成
農林水産研究基本計画(農林水産省)
農林水産研究基本計画(農林水産省 農林水産技術会議)
[Terahata]
日本医療・健康情報研究所

関連トピック

テーマ ▶ 健康食品

2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2020年11月25日
スローカロリー研究会Webセミナー「ロードレースとスローカロリー ギネス世界記録への挑戦 」を公開中!
2020年10月26日
「ブルーベリー」のポリフェノールに免疫を調節する作用 炎症性腸疾患の予防や治療につながる可能性
2020年08月28日
【新型コロナ】ポビドンヨードを含むうがい薬がコロナに効く? 薬局などで売り切れが続出
2019年06月28日
【PR】
尿酸値が気になる人へ!
尿酸値の上昇を抑える「PA-3乳酸菌」活用のススメ

テーマ ▶ セルフケア

2022年02月28日
体重計はもっていても使わない人が45% 体重測定をしない理由は男性は「面倒くさい」 女性は? 意識調査
2022年02月28日
多様な運動を組合わせた「カクテル運動」で健康に 忙しくて運動の時間をとれない人も大丈夫
2021年05月06日
【健やか21】児童生徒の新型コロナウイルスへの感染状況や学校の感染症対策など感染症の専門家へのインタビュー動画の公開について(文部科学省)
2021年02月26日
【健やか21】学会からの提言「新型コロナ感染症拡大予防のために- 園や学校現場等における 歯みがき・うがい・食べ方について -」の掲載について(日本小児歯科学会)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」

生活習慣 ▶ 食生活

2022年07月08日
高尿酸血症と動脈硬化 ~高尿酸血症が動脈硬化を引き起こす機序が解明されてきた~
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
トップに戻る ▶
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート