一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「野菜を1日に350g食べよう」日本栄養士会がキャンペーン

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導

 現代の日本には野菜不足をまねきやすい食生活スタイルが蔓延している。日本栄養士会は、広く野菜の1日の必要量を知ってもらい、生活習慣病予防と、野菜の摂取拡大・消費拡大につなげるキャンペーン「野菜を食べようメタボ撲滅」を実施している。

 日本栄養士会では、脂質異常症や2型糖尿病などの生活習慣病の予防・対策として、野菜を食べることを勧めている。野菜で低エネルギーなので、食べすぎを気にして量を計算しなくても済む。体に必要なビタミン、ミネラル、食物繊維などもたっぷり含まれる。
野菜が生活習慣病全体の予防・対策に
野菜の1/3以上は緑黄色野菜で

 日常で食べる機会の多い野菜(トマト、アスパラガス、ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草、さやいんげん、おくら、こまつな、にんじん、パセリ、にら、芽キャベツ)はカロテンが多く含まれる「緑黄色野菜」。

 緑黄色野菜以外は、淡色野菜、その他の野菜と呼ばれる。野菜の1/3以上は、緑黄色野菜でとりたい。

野菜の目安量

  • 緑黄色野菜:目標
    1日合計120g〜160g
ほうれん草 1/2把(150〜200g)
こまつな 1/2把(150〜200g)
ブロッコリー 大3房(100g)
にんじん 中1/2本(100g)
トマト 2/3〜1/2個(100g)
さやえんどう 10〜12本(100g)

  • その他の野菜:目標
    1日合計240g〜280g
はくさい 葉1枚(100g)
大根 厚さ3〜4?(100g)
キャベツ 葉2枚(100g)
かぶ 1個強(100g)
たまねぎ 中1/2(100g)
もやし 1/2袋(100g)

かぼちゃも緑黄色野菜だが、野菜の中では炭水化物が多いので、注意が必要。
 日本栄養士会は1日350g以上の野菜をとることを推奨しているが、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」では、60歳代を除く全ての世代で1日350g未満という結果になった。

 特に20歳代から40歳代で、男女ともに300gを大きく下回っている。

 また、政府が主導する「健康日本21」では野菜の摂取目標量を1日350gとしているが、2007年の中間評価では267gで、策定時のベースライン値の292gより減少した。

 そこで食に関する専門職である「管理栄養士・栄養士」によって組織される日本栄養士会は、「野菜の摂取量を増加させることが、生活習慣病全体の予防・対策に大きく関わる」として、野菜の摂取量の増加に焦点を絞り、2008年度から「野菜を食べよう」キャンペーン活動を開始した。

 野菜の摂取量を増やすことで、

  1. エネルギーの少ない野菜の摂取量を増やすことが、肥満や2型糖尿病の予防・対策になる
  2. 野菜にはカリウム、食物繊維、抗酸化ビタミン類、各種抗がん成分なども含まれる。脳卒中、高血圧、がんの予防にも有用
  3. カルシウムの摂取量を増加させることで、骨粗鬆症を予防する
などの効果を期待できるとしている。

 キャンペーンは昨年4月に開始し、2011年の3月まで実施する。野菜の摂取の重要性と1日の望ましい摂取量を理解してもらい、野菜を摂取することで生活習慣病を予防できるという認識を普及させる狙いがある。さらに実際の野菜の摂取量増加につなげる。厚生労働省や農林水産省などの協力を受け、関係団体、企業などにも働きかける。

(社)日本栄養士会 キャンペーン「野菜を食べよう―メタボ撲滅
  • 野菜の日である8月31日がある8月をキャンペーン強化月間として、事業を集中して実施。農林水産省が実施している「夏ベジプロジェクト」にも参加。
  • 全国で管理栄養士による「栄養相談・食生活相談」事業を、キャンペーン強化月間である8月に、14都府県栄養士会の協力を得て実施。
  • 野菜の機能性を盛り込んだ「ヘルシーダイアリー」を作成。
  • 野菜の日である8月31日に“野菜を食べよう―メタボ撲滅シンポジウム”を、東京で一般対象に開催。
  • ステートメントを策定し、親しみやすいキャッチフレーズも作成。8月のシンポジウムで発表。
(社)日本栄養士会
収穫を待つ春キャベツ

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2021年12月13日
糖尿病の人は筋肉の減少に注意 筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート