一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

協会けんぽ、4月から保険料負担が大幅増

キーワード: 健診・保健指導

 健康保険組合をもたない中小企業の従業員やその家族ら約3500万人が加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)が、2010年度の健康保険料を発表した。都道府県別の保険料は4月から、全国平均で現在の8.2%から9.34%へ大幅に上がる。
不況で収支悪化 保険料率を1割以上引き上げ
 4月以降に納める保険料は、月収が40万円なら、本人負担が1ヵ月で2300円増え年間では約2万8000円の負担増となり、月収が30万円なら、1ヵ月で1700円増え年間では約2万円の負担増となる。不況で多くの従業員の給料が減る中、痛い出費になりそうだ。

 1割以上も保険料率を上げざるをえないのは、保険料収入の落ち込みと医療費支出の増加により、保険の収支が急激に悪化しているため。

 協会けんぽの収入の大半は、被保険者(加入者)と事業者が折半で納める保険料。加入者の給料が安定していれば、保険料も安定して入る。ところが一昨年来の不況で、中小企業で働く被保険者の給料は大幅に減少し、協会けんぽの収入も減っている。加えて、新型インフルエンザの影響で医療費が増加し、2009年度末には単年度収支で6000億円の赤字となる見通しだ。

 一方、支出は高齢化による医療費(保険給付費)の増加で、年々着実に増えている。収支の増加が保険料を上回っており、その収支差は拡大している。

 2009年度は、給付費の13%に当たる約6800億円の補助を国から受けているが、減収が響き、単年度の赤字は約6000億円になる見通し。2006年度に5000億円あった積立金である準備金を取り崩しながら運営しているが、約4500億円が不足する。

 従来の仕組みでは9.9%まで保険料率を上げる必要があった。しかし、これでは加入者や事業主の負担が重くなりすぎると国は判断。2010年度の国庫補助率を暫定的に引下げられた率である13%から16.4%に引き上げて、保険料率を9.34%に抑えた。

2013年9月までは激変緩和措置が適用
 協会けんぽは、社会保険庁が政府管掌健康保険(政管健保)として運営していたが、2008年10月に全国健康保険協会に移行した。1年は社会保険庁時代と同様に、全国一律の保険料だった。しかし、2009年10月からは、加入者の年齢構成や所得水準の違いを考慮した上で、加入者にかかった医療費が多い都道府県は保険料が高くなり、少ない地域は保険料が安くなる仕組みに変わった。

 保険料に差をつけるのは、医療費を抑える「医療費の適正化」の一環。保険料を上げたくないという加入者らの心理に働きかけ、生活習慣病の予防のための健康診査や保健指導の取組みを取り入れ、薬代の負担が少なくなる後発医薬品の使用を促すなど、医療費抑制の努力を地域ごとに促す狙いがある。

 ただし、医療費の差をそのまま保険料に反映させると、地域によっては保険料が高騰する。そのため2013年9月までは、都道府県間の保険料率の差を小さくする「激変緩和措置」が適用され、2009年度は実際の保険料率と全国平均の保険料率との差は10%に調整されている。

 そのため、もっとも高い北海道(8.26%)と、もっとも低い長野県(8.15%)の差は0.11ポイントとなっている。ただし、4月からは、影響を抑える割合を15%に緩めるため、保険料率の差は拡大する見込みだ。

 今回の保険料のアップに続いて、計画通り2013年に緩和措置を打ち切れば、医療費の高い地域では保険料が短期間に急激に上がることになる。協会は厚生労働省に緩和措置の延長を要請し、保険料率の上昇をできるだけ圧縮するよう対策している。

平成22年度保険料額表(全国健康保険協会)
平成22年度の健康保険料率が変わります(全国健康保険協会)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート