一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

市民の健康指標改善をめざしシンボルマーク [大阪市]

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 身体活動・運動不足

 大阪市は、全国の大都市の中では健康指標が不良で、生活習慣病の通院者率も高い。2001年に健康増進計画「すこやか大阪21」を策定、このほどシンボルマークをより親しみやすく啓発するため愛称を募集している。

「すこやか大阪21」のシンボルマーク
気軽に実行できるウォーキングを表現

 大阪市は「市民が健やかで心豊かに生活できる大阪」の実現を基本理念に掲げ、健康増進計画「すこやか大阪21」を2001年に策定した。行政、医療保険者、保健医療機関、企業、地域団体などが協働し、壮年期死亡の減少、健康寿命の延伸を目指している。

 2006年に市の基本健診を受けた約14万人のデータから推定したメタボリックシンドロームの該当者と予備群の割合は男性42%、女性20%。厚労省の「2004年国民生活基礎調査」によると、大阪市の高血圧症、糖尿病などの生活習慣病の通院者率は、全国と比べて高い。高血圧で通院している男性の割合は全国平均76.3%に対し84.2%、糖尿病では全国平均35.9%に対し36.9%となっている。

 また、市が2008年に成人市民を対象に実施した「大阪市民の健康づくり・生活習慣等に関する調査」によると、食事や運動への関心が薄い傾向があり、朝食を欠食する人の割合は20代男性で37%、女性で25%に上り、1日の歩行時間が30分未満の人の割合は40歳以上の男女で4割を超えている。

 そこで「すこやか大阪21」では、重点的に取り組む課題として「栄養・食生活」や「身体活動・運動」など9分野を定め、健康増進への意識向上を市民に呼びかけている。このうち「たばこ」の項目では、他の地域に先駆けて喫煙率の半減という数値目標を設定した。

 これらの国が定めた分野に、独自に「肝臓病」も加えた。大阪市の肝臓病による死亡率は高く、特に肝臓がんは全国平均の約1.6倍となっている。肝臓がんの原因は90%以上が肝炎ウイルスによるもの。市では「適切な治療を行うことで、肝臓がんを予防できる。肝炎ウイルス検査を受診することが大切」と注意を呼びかけている。

 生活習慣病の一次予防を基本方針とし、市民が自主的に健康づくりに取り組める環境整備にも取り組んでいる。その一環として、健康増進活動やイベントや講座などの開催を奨励する「すこやかパートナー」を設け、75の保健医療関連の団体、企業などが登録している。

 2007年にはシンボルマークも制定。円を中心に5本の足を付け足したマークで歩くことを表現。「健康増進のために誰もが気軽に実行できる健康づくりとしてウォーキングを奨励している。健康のために何か一歩踏み出すという意味も込められている」としている。これまでマークをモチーフにした着ぐるみなどを活用していたが、愛称がなかったため、募集することにした。

 対象となるのは大阪市内に在住、在勤、在学している人で、応募期限は1月20日まで。ホームページから応募票をダウンロードし、必要事項を記入し、はがきかファクス、メールで提出できる。

すこやか大阪21(大阪市)
肝炎対策について(大阪市)
「2004年国民生活基礎調査」(厚生労働省)
大阪市民の健康づくり・生活習慣等に関する調査

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
「ヨガ」「太極拳」にストレス解消とリラックスの効果 初心者も気軽に自宅でできる
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年06月06日
余暇に軽い身体活動をするほど健診結果は良くなる 活動量の実測データにもとづく世界初の研究
川柳募集2023
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート