一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

完全調理済みの冷凍宅配食サービス

キーワード: 糖尿病 CKD(慢性腎臓病) 食生活

 武蔵野フーズ 健康宅配事業部は、冷凍宅配食サービス「健康美膳」に、‘たんぱく調整セット’を追加し、4月1日より全国向けに発売した。

たらのチリソース

たらのチリソース、根菜の炒り煮、
野菜炒め、小松菜のお浸し
手軽に利用できる宅配食 解凍・加熱するだけ
 「健康美膳」は、完全調理済みの、エネルギー量や脂肪(コレステロール)、塩分などの栄養バランスを調整した冷凍惣菜。1食平均エネルギー310kcal、塩分2.6g以下、コレステロール70mgに調整してある。肉・魚・野菜の素材のうま味をいかした多種類の献立からバランス良く利用できる。

 今回追加された‘たんぱく調整セット’は、蛋白質を1食平均9.4gに調整したセット。低蛋白ご飯と組み合わせることで1食あたり蛋白質10g以下を想定し、蛋白質1日30gなど厳しい制限のある人も利用できる。いずれも完全調理済み冷凍食品で、冷凍庫で保管でき、電子レンジで解凍・加熱するだけで食べられる。全国に向けてお届けが可能。

 同社は以前から、糖尿病食や腎臓病食など家庭での食事療法用の冷蔵(チルド)食を宅配するサービスを行っており、そこで培ったノウハウをこのサービスにもいかしている。生産者と栽培履歴がわかる野菜を毎月選んで使用するなど、食材の吟味にもこだわりがある。

健康美膳 たんぱく調整食セット(T1) (全6メニュー)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ CKD(慢性腎臓病)

2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
野菜3皿、果物2皿を毎日食べるともっとも健康的 食べ過ぎに注意が必要な野菜も判明 10万人を調査

生活習慣 ▶ 食生活

2022年07月08日
高尿酸血症と動脈硬化 ~高尿酸血症が動脈硬化を引き起こす機序が解明されてきた~
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート