一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

学校給食の献立やレシピを公開 【愛知県豊田市】

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 健診・保健指導

 愛知県の豊田市学校給食協会はホームページを一新し、給食の献立、給食をつくる過程の紹介をはじめた。食に対する意識の低下や食生活の乱れから、高血圧や2型糖尿病など生活習慣病の増加が指摘されるなか、学校給食の紹介を通して、「家庭で食事のエネルギーや栄養バランス、食習慣の大切さを考えてもらいたい」としている。

 ホームページではこれまでは組織や財務状況などを公開していたが、新たに同協会が管轄する中部給食センターが中学校向けに作っている給食の1ヵ月分の献立を画像で紹介するページや、給食の献立作成から食材の発注、検査、下ごしらえ、調理などを写真で紹介するページを追加した。このほか、学校給食での地産地消の取り組みや、豊田市の農産物マップとカレンダーなども掲載した。

豊田市学校給食協会ホームページ
1ヵ月単位の給食の献立と写真、料理レシピなどを公開している。

 豊田市が成人市民およそ1000人を対象に行った調査によると、健康に関して関心のあることとして、45.6%が「栄養バランス」、38.6%が「適正体重(肥満・やせ)」、35.3%が「生活習慣病予防」を挙げ、市民が高い関心をもっていることが示された。2005年の調査によると、健康診断を受診率や、肥満指数(BMI)が25以上の肥満者の割合などは全国に比べ優れている。

 一方で、肥満の増加傾向は特に男性であらわれている。市では「生活様式の都市化が進むにつれ、朝食の欠食など生活リズムや、脂肪のとりすぎなど栄養バランスの乱れが目立つようになった」と指摘。市の調査では高校生や成人のおよそ15%が「朝食を食べないことがある」と答え、朝食を食べない小中学生も増えているという。

 市では「人格形成の基礎ができる子供の頃から、食に対する適正な知識をもつことが大切。食を通じて地域の良さを見直し、郷土を愛する心も育んでほしい」としている。

豊田市学校給食協会
新・健康づくり豊田21計画

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート