一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

低カロリー食で寿命が延び健康的に 動物実験で実証

キーワード: 二少(少食・少酒) 健診・保健指導 食生活

 低カロリーの食事をとり続けると、より健康的に生きられる可能性が高いという研究が発表された。

 低カロリー食と老化の減速は強い関連があり、低カロリー食で寿命が延び、より健康的に生きられる可能性があることが、米ウィスコンシン大学などの研究チームが、サルを対象に20年にわたり調べた研究で分かった。低カロリー食は老化を遅くし、がん、糖尿病、心疾患など加齢と関連の深い病気の進行を遅らせるという。この知見は、科学誌「Science」7月10日号に発表された。
カロリー制限で寿命が延び、脳の老化も防げる
 研究は、研究開始時点で成体(7〜14歳)だったアカゲザル76頭を対象に行われた。制限なく好きなだけ食べさせる群と、カロリーを30%減らした食餌を与える群に分け、その後の経過を観察した。1989年に開始された研究は20年に及んだ。飼育されているアカゲザルの寿命は27年ぐらいで、現在も生存しているのは33匹になった。

 自由に食餌をとった群で生存しているのは約半数で、37%(14匹)が糖尿病やがん、心疾患、脳萎縮など加齢と関連の深い病気で死んだ。一方、カロリーを制限した群では80%が生存しており、加齢に関連する病気で死んだのは13%(5匹)で、制限なしのグループの3分の1にとどまった。

カロリーを制限した食餌を与えたサル(左、27歳)と食べたいだけ食べたサル(右、29歳)
カロリー制限食をとったサルでは肥満が少なく、がん、糖尿病、心疾患、脳萎縮など加齢に関連した病気も減少した。

 米ウィスコンシン大学マディソン校医学部のRichard Weindruch教授は、「カロリー制限食により老化プロセス(aging process)を減速できることが霊長類で示された」と述べている。「低カロリー食が寿命が延ばし、歳をとったときの生活の質(quality of life)も向上する。加齢にともなう病気の発症や生存率の増加をみると、カロリーの制限が強い影響をもっていることは明白だ」としている。

 低カロリーの食餌をとり続けたサルでは、自由に食べ続けたサルに比べ、がんと心疾患の発症率が半分未満に減り、糖尿病や血糖の調節異常も発見されなかった。「カロリー制限は糖尿病の予防になっている」とWeindruch教授は話す。脳の健康状態も制限食を与えたサルでは良好で、脳萎縮や筋力低下が少なかった。サルの作業能力を実験したところ、カロリー制限をしたサルでは脳の領域が働く記憶が必要な作業や、問題の解決能力も比較的よく保存されていた。

 低カロリー食による寿命の延長は早くから着目されており、マウスを対象としたカロリー制限に関する研究は1930年代に始められている。研究者らは「霊長類の老化を遅らせることを明確に示せたのは大きい」として、「ヒトでも同様の効果を得られると予測している」としている。このサルを対象にした研究はさらに15年続けるという。

制限食がサルの老化や病気を減少する(英文、ウィスコンシン大学リリース)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

生活習慣 ▶ 食生活

2022年01月28日
夕食はいつ食べると良い? 夜に食べるタイミングが糖尿病リスクに影響 メラトニンと遺伝子が影響
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2022年01月12日
【世界健康フォーラム2021・静岡 公開中!】
健康寿命はみんなで延ばせる 食生活で日本を元気に!
2021年12月21日
やせていても「少食で運動不足」だと糖尿病リスクが高い 若い女性も気をつけたい糖尿病 順天堂大
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート