一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

最新の歩数計 スマートで使いやすいタイプが続々

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 高尿酸血症/痛風 肥満症/メタボリックシンドローム 心筋梗塞/狭心症 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア 三多(多動・多休・多接) セルフケア 健診・保健指導 身体活動・運動不足

 ウォーキングは特に道具を必要とせず、どこでも手軽に始められる運動として人気がある。より快適に楽しく歩けることをうたった歩数計が多数登場している。

 ウォーキングは特別な道具を必要としない手軽さが魅力となる。靴を除けば必要な用具はなく、靴も特にウォーキング専用のものでなくても済む。しかし、「1日の歩数をあと1000歩増やそう」、「余裕がある日は、1日1万歩を目指そう」といった目標のある人では、1日の歩数の合計を確かめられるとウォーキングへの意欲が向上し、達成できたときには格別の満足感を味わえる。
「カッコイイ、キレイ、コンパクト」になった歩数計
 歩数計を利用してきたのは主に中高年だったが、2008年4月に特定健診・特定保健指導が開始されたことで状況が一変した。ウォーキングに取り組む人が増え、30代の女性などこれまで関心のなかった層も持ち歩くようなった。歩数計の市場規模は3年前までは年間約300万台程度だったが、販売台数が急増し今年は1.5倍に拡大すると見込まれている。

 ポケットやカバンに入れても計測できるタイプ、カラーバリエーションをそろえたファッショナブルなタイプ、歩数の表示を大きくし見やすくしたタイプなど、これまでとは違う、付加価値をつけたものが続々と発売されている。携帯電話やデジタルプレーヤーに歩数計の機能をとりこんだ機種も発売され、利用の幅は広がっている。

 従来の歩数計はベルトなど腰につけるタイプが大半だった。これは計測するのに振り子を使っており、地面と水平でないと歩数をカウントできないためだ。現在の主流は振動板センサーを使う方式で、歩行時の上下動で起こる振動板の振れを感知する仕組みになっている。また、センサーを水平方向だけでなく垂直方向にも配し2軸にすることで、歩数計の状態に関係なく計測できるようになり、ポケットやカバンに入れて持ち歩くことができるようになった。

 1日の歩数とは別に、時間や距離を決めて歩数をカウントできる機能や、距離、消費したエネルギー量、脂肪燃焼量などの目安を表示する機能の付いた機種が出ている。センサーを2軸から3軸に増やし、ウォーキング以外の運動も記録できるようにしたタイプも登場した。

    糖尿病と歩数計
    糖尿病と歩数計
    糖尿病と歩数計
  • 8色のカラーをそろえた、一見して歩数計に見えないタイプ
    セイコースポーツライフ スリムスティック WZ820
    サイズ 幅 64.4×高さ 20.0×厚さ 8.9mm 重さ 15g メモリー 7日間 電池寿命 約8ヵ月
    実勢価格 4000円〜4800円

  • パソコンに接続し、データを転送できるタイプ
    オムロンヘルスカウンタ Walking style HJ-710IT
    サイズ 幅 47×高さ 73×厚さ 16mm 重さ 約37g メモリー 14日間 電池寿命 約6ヵ月
    実勢価格 4400〜5000円

  • 身体活動量(運動量)の単位「エクササイズ」も計算できるタイプ
    タニタ活動量計 カロリズム AM-120
    サイズ 幅 30×高さ 88×厚さ 13mm 重さ 約32g メモリー 7日間(週間エクササイズは12週間) 電池寿命 約9ヵ月(1日16時間作動した場合)
    実勢価格 8000円〜9500円
最近の歩数計で見かけるようになった「メッツ」と「エクササイズ」とは?
 厚生労働省は健康づくりのための身体活動量として「メッツ」と「エクササイズ」という概念を打ち出した。身体活動の強さを表す単位がメッツ。安静時を1メッツとして、軽めのウォーキングや自転車エルゴメーターなどの運動や生活活動を3メッツ、速歩や自転車、水中運動などは4メッツとしている。

 そして、メッツに実施時間をかけて算出するのがエクササイズ。メッツとエクササイズは、どんな運動をどれだけ行えば必要な量を満たすかを分かりやすくするために考案された。たとえば、普通歩行(3メッツ)を1時間行った場合は「3メッツ×1時間=3エクササイズ(メッツ・時)」となる。3メッツ以上の運動や身体活動を週に合計23エクササイズ以上行うことが勧められている。

 歩数計にメッツなどを計測できる機能を付け、ウォーキング以外の運動も推計する「活動量計」と銘打った製品も出ている。ただし、計測の仕方はメーカーによって異なるので、「歩行以外の運動にも対応している」という目安にして利用するのがよさそうだ。

健康づくりのための運動指針2006(エクササイズガイド2006)
厚生労働省:健康づくりのための運動指針2006(エクササイズガイド2006)

 普通歩行(20分)、自転車エルゴメーターを軽くこぐ(20分)、掃除(17分)、水泳(10分)といったように運動や生活活動をメニューで示し、「メッツ」(運動強度)と「エクササイズ」(メッツ・時)という単位で表した。これらを組み合わせ、1週間の合計が「23エクササイズ以上」にするのが目標となる。
 たとえば、1週間の運動メニューとして、バスを使わず駅から自宅まで徒歩(片道20分×5日=10)、昼休みの散歩(20分×3日=3)、水泳(40分×2日=8)、日曜日に子どもと遊ぶ(30分=2)という組合せであると、1週間の合計は23エクササイズになる。

運動施策の推進(厚生労働省)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月09日
くるみなど植物由来のオメガ3脂肪酸を豊富に含む食生活で心筋梗塞後の死亡リスクが低下
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

疾患 ▶ 高尿酸血症/痛風

2021年07月30日
コロナ禍の長期化で「痛風」「高尿酸血症」患者が約5割増加傾向に! 医師8割が注視する、第4のリスクマーカー“尿酸値”ー医師362名のアンケートの報告
2020年11月09日
【新型コロナ】なぜ肥満と高齢の人は重症化しやすい? いま求められている対策は何か?
2020年09月29日
新型コロナウイルス感染症対策としてのステイホームやリモートワークが高尿酸血症や痛風の有病率および受診率に及ぼす影響 ―医師338名への緊急アンケートから見えてきた現状―
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2019年12月12日
【セミナーレポート】疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2021年12月13日
糖尿病の人は筋肉の減少に注意 筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に

テーマ ▶ セルフケア

2021年05月06日
【健やか21】児童生徒の新型コロナウイルスへの感染状況や学校の感染症対策など感染症の専門家へのインタビュー動画の公開について(文部科学省)
2021年02月26日
【健やか21】学会からの提言「新型コロナ感染症拡大予防のために- 園や学校現場等における 歯みがき・うがい・食べ方について -」の掲載について(日本小児歯科学会)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年08月23日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2021年12月22日
ウォーキングなどの運動は糖尿病を改善する「魔法の薬」 運動を増やして、座ったままの時間は少なく
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート