一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

脂肪合成を抑える化合物を発見、メタボ治療に光明 京都大など

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH アルコール性肝炎

 日米の研究チームが、脂肪の生合成を阻害する化合物を発見し、その作用メカニズムをつきとめた。糖尿病やメタボリックシンドロームなどの新しい研究や治療法の開発につながると期待されている。

 京都大学物質−細胞統合システム拠点の上杉志成教授らは、有機化合物の特性を調べる研究を行っている過程で、「ファトスタチン」という有機化合物が細胞内で脂肪がつくられるのを阻害することを発見した。


ファトスタチンを注射したマウス(右)では、高血糖、肥満、脂肪肝が抑えられた。
 メタボリックシンドロームは脂肪や炭水化物のとりすぎが原因となり起こる。体に吸収された炭水化物は、肝臓などの細胞内で脂肪酸やコレステロールに変えられるが、その過程で数多くの酵素の働きが関わっている。「SREBP」という蛋白質が酵素の働きを調整している。

 ファトスタチンはコレステロールなどの量を感知するセンサーの役割をする蛋白質に結合しSREBPを阻害する。これによって脂肪の合成に必要な遺伝子が活性化しなくなり、糖から脂肪の合成が抑えられることをつきとめた。

 研究チームは、遺伝的に肥満になっている実験マウスにファトスタチンを注射し経過をみた。ファトスタチンを注射しないマウスでは体重が約1ヵ月で25gから36gに急増し、インスリン抵抗性による高血糖や脂肪肝などがみられたが、注射したマウスは餌を食べ続けても、約1ヵ月後の体重増加が約4割抑えられた。ファトスタチンの作用で脂肪合成に関わる蛋白質が減少していることも確かめられた。

 脂肪合成を阻害する治療薬は、肝臓などでコレステロール合成に必要な酵素を抑える作用のあるスタチンなどの酵素阻害剤が知られているが、発見された化合物は、コレステロールなどの量を感知するセンサー蛋白質に働きかけ脂肪合成を抑える点が画期的。上杉教授は「糖尿病や脂肪肝、メタボリックシンドロームなどの治療薬の開発に役立てられる成果だ」としている。

 京都大学、東京大学、米ベイラー医科大学による研究成果は米科学誌「ケミストリー・アンド・バイオロジー」に8月27日付けで掲載された。

京都大学 物質−細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

疾患 ▶ アルコール性肝炎

2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年07月28日
お酒とタバコは「食道がん」リスクを高め合う 両方あるとリスクは17倍に上昇 片方を止めただけでも予防効果が
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート