一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

甘味料「パラチノース」がGLP-1の分泌を促進 三井製糖

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 食生活

 三井製糖は、同社が製造している甘味料「パラチノース」にGLP-1の分泌を促進する効果があることを実験で確かめたと発表した。GLP-1は小腸から分泌されるホルモン活性物質で、インスリン分泌を促す作用や食欲を抑える効果などが知られている。

 メタボリックシンドロームの該当者か予備群と判定された成人男性16人(平均年齢41.5歳)を対象に、食後血糖などを調べられるように調整したクッキーと20gの砂糖かパラチノースを同時にとってもらい、血糖値、インスリン、GLP-1などを測定した。さらに、毎日20gの砂糖を摂取する群と、20gのパラチノースを摂取する群に分け、3〜4ヵ月間の介入試験を行った。

 その結果、パラチノースを長期間とった群では血圧が低下し、糖代謝や脂質代謝に影響する生理活性物質であるアディポネクチンが増加する傾向がみられた。肝機能や脂肪肝などを調べるときの指標となるASTやγ-GTPは減少していた。

 パラチノースは砂糖に微生物の酵素を作用させ製造する甘味料で、1980年代に三井製糖が量産化に成功した。砂糖(ショ糖)に比べ分解・吸収の速度が遅く、食後血糖値の上昇を抑制するなどの特徴がある。同社はこれまでの実験で、パラチノースを摂取し続けると空腹時のインスリン濃度が下がり、食後の過剰なインスリン分泌を抑える働きがあること、内臓脂肪が低減することなどを確かめている。

 同社は「パラチノースをとると体質改善効果が出やすくなる」としており、パラチノースを有効成分とする肝機能改善剤の特許を出願している。今回の研究は5月に大阪で開催された第52回日本糖尿病学会年次学術集会で発表された。

メタボリックシンドロームをやっつけろ!-メタボリックシンドロームをパラチノースで撃退!(三井製糖(株))

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

生活習慣 ▶ 食生活

2022年07月08日
高尿酸血症と動脈硬化 ~高尿酸血症が動脈硬化を引き起こす機序が解明されてきた~
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート