一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

中高年世代の体力は向上、子供は低下 全国体力調査

キーワード: 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 身体活動・運動不足

 暑すぎず寒すぎない秋は、運動を始めるには絶好の季節だ。体力や身体能力の向上は一朝一夕に実現できるものではないので、息の長い取り組みが求められる。それぞれの年齢や体調に応じて運動習慣をとりいれることが勧められている。
子供と若者の体力は親世代より低下
 文部科学省が行った「2008年度体力・運動能力調査」によると、子供や若者の体力・身体能力は横ばいや向上の兆しがみられ、小、中、高校生の運動能力は、20m走や反復横とびなど多くの種目で緩やかに向上した。しかし、ピークだった1985年頃に比べると依然として低い水準にあり、体力向上に伸び悩む子供たちの姿がうかがえる結果になった。

握力の年次推移(男性)
子供の体力が80年代後半から低下傾向にある
のに対し、30歳代、50歳代では向上してきた。
2008年度体力・運動能力調査(文部科学省)
 調査は1964年から継続して行われており、世代ごとの体力水準の変動も把握できる。現在の子供や若者とその親の世代である30年前と比較すると、体力・運動能力は多くの項目で親世代を下まわっている。

 調査では、20歳までの子供や若者、30歳代、50歳代の各年齢層ごとの体力の推移を比較した。30歳代、50歳代の人たちが若かった頃と比べ、20歳までの世代は握力、持久走など、多くの項目で劣っていることが分かった。

 子供の体力低下の原因として、テレビゲーム機やインターネットの普及による室内での遊びの増加や、受験競争の低年齢化など、友達同士が集団で戸外で遊ぶ習慣が減ったことなどが挙げられる。民間のスポーツクラブなどに通う子供も増えており、運動する子としない子の二極化も指摘されている。

 子供の体力の低下は、将来的に国民全体の体力低下につながり、肥満や脂質異常症、2型糖尿病など生活習慣病の増加を引き起こすことが懸念される。そうなると社会の活力が失われるという事態に発展しかねない。今後は経済不況の影響で親の経済力による教育格差が広がり、子供の体力面にも影響が出るという予測もある。若い時から運動習慣を身に付けることが大切となる。

身長と身体能力の比較-親世代と現在の子供-
    ・親の世代は1978年度の11歳、今の子供たちは2008年度の11歳。
    ・小数点以下第2位で四捨五入(全国平均値)。
2008年度体力・運動能力調査(文部科学省)、2008年度学校保健統計調査(文部科学省)
運動には息の長い取り組みが必要
運動は息の長い取り組みが必要
 運動をするとブドウ糖や脂肪の筋肉へのとりこみが促され、血糖を下げる働きをするインスリンの働きが悪くなるインスリン抵抗性が改善され、高血糖を防ぐことができる。

 運動の代謝促進の効果は、活動する筋肉に現れるので、なるべく大きな筋肉を使うウォーキングや自転車エルゴメータなどの「有酸素運動」が勧められる。運動に向いた筋肉の量が増えると、ブドウ糖の取り込み能力を向上し、代謝効率が高まる。筋肉の量と質を高める「レジスタンス運動」を併せて行うと、運動の効果を得られやすくなる。

 文科省の調査では、子供の体力は1985年頃をピークに下降している一方で、40代や50代では逆に向上している結果になった。調査に当たった内藤久士・順天堂大学スポーツ健康科学部教授は「子供の頃から運動をする習慣のあった人が成人してから体力が比較的低下しにくいのは、運動に必要な体がつくられエネルギーを消費しやすくなっているから」と指摘。「調査でもトレーニング効果がすぐに出ない項目では伸び悩んでいる。運動に対し親が積極的であると、子供の体力向上につながる。運動には息の長い取り組みが必要だ」としている。

 運動の効果は、体力・運動能力の向上や、2型糖尿病などの生活習慣病の予防・対策にとどまらず、家計の医療費支出を減らすことにもつながる。運動を続けるために、お金がかからず手軽に運動できる環境を整備する対策が、行政に求められている。

 自由に安全にウォーキングなど運動ができる公園や歩道がもっと望まれる。運動に取り組みやすい環境作りには地域の協力も欠かせない。住民が運営主体となる「総合型地域スポーツクラブ」は、全国に3000近くあるという。

 文科省の「総合型地域スポーツクラブに関する有識者会議」は8月、運動施設の整備や、廃校や空き教室の積極的な利用、夜間照明施設の設置による利用できる時間の拡大などの環境整備、地域住民の交流の場となるクラブハウスの整備による地域活性化などをいっそう支援するよう提言をまとめた。こうしたことを着実に実行していくために、行政レベルでの横断的な連携も求めている。

平成20年度体力・運動能力調査結果(文部科学省)
今後の総合型地域スポーツクラブ振興の在り方について〜7つの提言〜(文部科学省)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年04月13日
生活スタイル改善は若い頃から開始する必要が 30代の高血糖や脂質異常はアルツハイマー病のリスクを高める
2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
「ヨガ」「太極拳」にストレス解消とリラックスの効果 初心者も気軽に自宅でできる
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年06月06日
余暇に軽い身体活動をするほど健診結果は良くなる 活動量の実測データにもとづく世界初の研究
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート