一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「魚の健康効果」は調理法によって高まる 焼魚、煮魚がお勧め

キーワード: 二少(少食・少酒) 脂質異常症(高脂血症) 心筋梗塞/狭心症

 魚を食べると「心臓の健康面で有益」とされるのは、脂質異常症や血栓症によいとされる「オメガ3系脂肪酸(n-3系脂肪酸)」が魚に豊富に含まれているから。しかし、恩恵を期待できるのは主に焼魚や煮魚で、体のためにはフライや干物、塩漬けは避けたほうがよい。また、女性では豆腐など大豆食品をとり減塩もすると、さらに効果が高まる――。こんな調査結果が米国で発表された。

 食事でオメガ3系脂肪酸を適度にとると心血管疾患の危険が低下することが多くの研究で指摘されているが、どんな食品をどのように食べればより効果的かを解明した研究は少ない。
魚や大豆のオメガ3系脂肪酸が心疾患の危険を減らす
 研究では、ハワイ州とロサンジェルス州の住民を対象とした多民族コホート研究に参加した男性8万2243人、女性10万3884人の食生活を調査した。対象となったのは心疾患の病歴がない45〜75歳のアフリカ系、白人、日系、ヒスパニック系、先住ハワイ人。オメガ3系脂肪酸の摂取について、食品・調理法、量、頻度などから割り出した。

 缶詰めのツナ、他の缶詰めの魚、貝類・エビ・カニなどの甲殻類を除く魚、豆腐や醤油など植物性のオメガ3系脂肪酸を多く含む大豆食品などを分別し、生、焼く、煮る、フライ、干物といった調理法についても調査した。

 平均11.9年の追跡期間中、4516人が心臓に関連する原因により死亡した。オメガ3系脂肪酸を1日約3.3gともっとも多く摂取していた男性は、1日0.8gしか摂取していなかった男性に比べて、心疾患による死亡リスクが23%低かった。

 女性では、オメガ3系脂肪酸の摂取により心疾患のリスクが軽減される傾向は男性ほど顕著ではなかったが、塩漬けや干物を多く食べる女性では高血圧の傾向がみられ、豆腐など大豆食品の摂取が多い女性ではあきらかな心臓への保護効果が認められた。

 また、塩分の多い醤油や照り焼きソースを1日に1.1g未満とっている男性でも保護効果が認められたが、1.1g以上をとっている女性では死亡と心疾患が明白に増えていた。

 米ハワイ大学マノア校のLixin Meng氏は「魚を食べる頻度の多かったのは日本人とハワイ人で、魚の調理法も多様だった」と説明している。

 「オメガ3系脂肪酸の摂取量が多い男性は、心疾患による死亡リスクが低いことがあきらかになった。女性では、大豆食品からオメガ3系脂肪酸とともにフィトエストロゲンなどの有効成分を摂取しており、オメガ3系脂肪酸のみを摂取するよりも強い保護効果が得られるのではないかと推察される」。

 「魚の調理法によって健康への影響は異なる。直接比較したわけではないが、危険比からみて、煮魚や焼魚は心臓への保護効果があり健康に良いが、フライはそれほどではない。心疾患を予防する観点での保健指導では、魚をどれだけ食べれば良いかに加え、調理方法を含めたほうが良いかもしれない」。

 魚食が心臓を保護する効果は、性別や民族によっても異なり、白人、日系アメリカ人、ヒスパニック系の男性は、より恩恵を得やすいとしている。Meng氏は「魚の調理法、遺伝子因子、ホルモン因子のためだろう」とし、魚食と遺伝子因子の関連を解明するためにさらなる研究の必要を指摘している。

 今回の研究は、オーランドで開催された米国心臓協会(AHA)年次集会で発表された。

How fish is cooked affects heart-health benefits of omega-3 fatty acids(米国心臓協会)

関連情報
魚を食事にとりいれると脂肪をバランス良くとれる(糖尿病NET)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月09日
くるみなど植物由来のオメガ3脂肪酸を豊富に含む食生活で心筋梗塞後の死亡リスクが低下
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート