一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

3000年前の古代エジプト人も動脈硬化 CT検査で発見

キーワード: 二少(少食・少酒) 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症

 動脈硬化から引き起こされる心筋梗塞は現代人に特有の病気ではなく、3500年前の古代エジプトの時代にもみられた――古代エジプト時代につくられたミイラをコンピューター断層撮影装置(CT)にかけ調査した結果、動脈硬化から引き起こされた心筋梗塞が認められたとする研究が、米国心臓協会(AHA)の学術集会で発表された。


紀元前1070年から712年の間に生きていたエジプト人のミイラをCT装置で調査
 動脈硬化が確かめられたミイラは生前は肉食が多かったとみられており、現代人の動脈硬化症の対策を考えるうえでも価値の高い発見としている。
現代人と同じ病気が古代エジプト人にも
 「現代では広くみられるアテローム性動脈硬化症は、3000年前に生きていた社会的地位の高い裕福なエジプト人でも一般的だったようだ」と米カリフォルニア大学アーバイン校のグレゴリー・トマス準教授(心臓病)は言う。

 カイロのエジプト考古学博物館に保存されていた古代エジプト王のMerenptah(紀元前1213〜1203年)のミイラの銘板には「60歳で死亡。動脈硬化症、関節炎、虫歯だった」と記されている。トマス準教授ら心臓病の研究チームは、古代エジプト人がアテローム性動脈硬化症を発症していたことに関心をもち、エジプト考古学の専門家らとともに博物館から20体のミイラを選び、今年2月にCT検査を行い心臓血管を詳細に調査した。

 その結果、16体のミイラのうち動脈や心臓を特定できた9体で血管の石灰化が認められ、6本の動脈が石灰化しているミイラもあった。エジプト考古学者らは骨格を分析し、すべてのミイラの死亡年齢を推定し、名前、職業を割り出した。45歳以上の年齢で死亡した8体のうち、血管石灰化をもっていたのは7体だったが、それよりも若い年齢で死亡した8体のうち動脈硬化をもっていたのは2体だった。アテローム性動脈硬化症は女性にはみられなかったが、血管石灰化は男女の両方にみられた。

 特定できたミイラはすべて、ファラオ(王)の宮廷に聖職者や尼僧として仕える社会的地位の高い人々のもので、経済的に裕福だったとみられる。どのような食生活をおくっていたか特定はできないにしても、当時の上層階層で一般的にみられた、牛、アヒル、ガチョウの肉をよく食べていたとみられている。「アテローム性動脈硬化症が死因となったかは分からないが、多くの人にこの疾病があったことは確かだ。この疾病を解明するために、現代人での危険要因を越えて考える必要があるかもしれない」とトマス氏は述べている。

 この研究は米国医師会雑誌「JAMA」11月18日号に発表された。

The mummy's curse: hardened arteries(カリフォルニア大学アーバイン校リリース)
Computed Tomographic Assessment of Atherosclerosis in Ancient Egyptian Mummies
JAMA. 2009;302(19):2091-2094.

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月09日
くるみなど植物由来のオメガ3脂肪酸を豊富に含む食生活で心筋梗塞後の死亡リスクが低下
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

疾患 ▶ 動脈硬化

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート