一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

入院患者の27%が高血圧、16%が糖尿病 患者調査

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 CKD(慢性腎臓病) 脳梗塞/脳出血

 厚生労働省が3日に公表した患者調査で、入院患者の27%が高血圧症、16%が糖尿病をもっていることが、初めて分かった。入院のきっかけになった病気(主傷病)としては、両疾病とも入院患者全体の2%未満に過ぎない。脳卒中や心臓病などで入院する患者が、主傷病以外の疾患として高血圧症や糖尿病をもっているとみられる。
入院患者と外来患者が減少
 患者調査は、患者の傷病状況の実態などをあきらかにすることを目的に3年ごとに実施。全国の病院や診療所、歯科診療所の約1万4000施設を対象に、10月21日から24日の指定された1日について外来、入院患者の計235万4000人から推計した。

 調査日の入院患者数は139万2400人で、2005年の前回調査から7万400人減少した。外来患者数は686万5000人で、22万7000人減少した。

 入院患者を傷病分類別にみると、「精神および行動の障害」(30万1400人)、「循環器系の疾患」(28万300人)、「悪性新生物(がん)」(15万9200人)の順に多かった。いずれも病院がほとんどで、一般診療所では「循環器系の疾患」(1万3300人)、「損傷、中毒およびその他の外因の影響」(9500人)、「筋骨格系および結合組織の疾患」(7700人)の順に多かった。

 一方、外来患者は「消化器系の疾患」(124万9800人)、「筋骨格系および結合組織の疾患」(94万5300人)、「循環器系の疾患」(89万4800人)の順に多かった。病院では「循環器系の疾患」(27万3700人)、「筋骨格系および結合組織の疾患」(19万7800人)、「悪性新生物(がん)」(17万700人)の順。一般診療所では「筋骨格系および結合組織の疾患」(74万7500人)、「循環器系の疾患」(62万1100人)、「呼吸器系の疾患」(53万7300人)の順に多かった。

入院患者の16%が糖尿病
 今回調査では、初めて主傷病の他にもっている疾患(副傷病)も合わせて調べられた。調査では、糖尿病、肥満、高脂血症、高血圧、虚血性心疾患、脳卒中、閉塞性末梢動脈疾患、大動脈疾患、慢性腎不全、精神疾患を対象とした。

 その結果、主傷病と副傷病を合わせた推計患者数(総数)は、「高血圧症」(164万6100人)、「高脂血症(脂質異常症)」(75万9200人)、「糖尿病」(74万2900人)、「脳卒中」(46万3500人)、「虚血性心疾患」(40万5800人)、「慢性腎不全(慢性腎臓病)」(21万3100人)となっている。

 主傷病のみでみると推計患者数は、「高血圧症」(61万1000人)、「高脂血症(脂質異常症)」(11万8900人)、「糖尿病」(21万4200人)、「脳卒中」(29万5000人)、「虚血性心疾患」(8万6800人)、「慢性腎不全(慢性腎臓病)」(15万1100人)であり、副傷病を合わせることで患者数が膨れあがることが分かる。

 入院患者に限ってみると、高血圧症は26.8%(37万3500人)、糖尿病は16.4%(22万8700人)がもっているが、主傷病としてはそれぞれ0.6%、1.9%に過ぎない。脳卒中や心臓病、慢性腎臓病などの患者が、主傷病以外に高血圧症や糖尿病を副傷病としてもっているとみられる。

 一方で外来患者では、主傷病と副傷病を合わせた推計患者数(総数)は、高血圧症は22.9%(127万2700人)、糖尿病は9.3%(51万4200人)となっており、外来患者のおよそ10人に1人は糖尿病をもっている。

総患者数:糖尿病は237万1000人
 主要な傷病(疾患や外傷)について、継続的に医療を受けている総患者数は、「高血圧性疾患」(796万7000人)、「歯及び歯の支持組織の疾患」(600万2000人)、「糖尿病」(237万1000人)、「悪性新生物(がん)」(151万8000人)、「脳血管疾患」(133万9000人)、「白内障」(91万7000人)となっている。

総患者数の年次推移-患者調査

平成20年(2008)患者調査の概況(厚生労働省)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ 高血圧

2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年04月13日
奥歯の噛み合わせが悪い高齢者は、高血圧リスクが1.7倍に上昇 口の健康が身体機能の維持に関連
2022年02月28日
体重計はもっていても使わない人が45% 体重測定をしない理由は男性は「面倒くさい」 女性は? 意識調査

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年04月13日
生活スタイル改善は若い頃から開始する必要が 30代の高血糖や脂質異常はアルツハイマー病のリスクを高める
2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2022年07月13日
熱中症? いや、脳梗塞かもしれない! Part 2
脳梗塞予防の決め手は血管力のアップと牛乳パワー
2022年07月13日
熱中症? いや、脳梗塞かもしれない! Part 1
症状の見分け方と対策
2022年02月28日
食物繊維を多く食べるほど認知症リスクが低下 食物繊維と腸内細菌の良い関係
2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査

疾患 ▶ CKD(慢性腎臓病)

2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
野菜3皿、果物2皿を毎日食べるともっとも健康的 食べ過ぎに注意が必要な野菜も判明 10万人を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート