一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

脳の血流改善でアルツハイマー病を予防 米研究

キーワード: 認知症

 脳の血流量が長期にわたり徐々に減少することが、アルツハイマー病を引き起こす可能性があるという知見が米国で発表された。この研究は米科学誌「Neuron」12月26日号に発表された。

 高齢になると正常な記憶に変化があらわれ「もの忘れ」が多くなるのは誰にでも起こることだが、年相応のもの忘れでは日常生活に支障をきたすことは少ないのが特徴。一方、アルツハイマー病などの「認知症」によってもの忘れが起こっている場合は、日常生活に支障が生じてくる。老人性認知症ではアルツハイマー病はもっとも多い。

 アルツハイマー病の原因はまだよくわかっていないが、米ノースウェスタン大学(イリノイ州)のRobert Vassar教授の研究チームは、血液量の低下により脳に十分なブドウ糖が供給されないとき、生化学的な反応が連鎖的に起こり粘着性の蛋白質をつくりだすプロセスが開始されることを示唆している。

 研究者らは「elF2alpha」と呼ばれる蛋白質の変性に着目。elF2alphaは粘着性の蛋白質の塊を生みだす酵素の生成に関わるという。このメカニズムはヒトとマウスの脳のどちらにもある。

 アルツハイマー病の予防や治療に、脳への血流の改善が効果的な治療方法となるかもしれない。Vassar教授は「脳の血流を改善するために運動を習慣的に行い、コレステロールをとりすぎや高血圧に対策していれば、アルツハイマー病の予防につながる可能性がある」としている。

 米アルツハイマー病協会によると、アルツハイマー病は60歳以降に増え加齢にともないリスクが高くなる。米国の間接医療費は年間約1480億ドルに上り、ベビーブーマー世代で約1000万人が発症すると予測している。

ノースウェスタン大学プレスリリース
アルツハイマー病協会

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
高齢日本の20年後を予測 認知症は減るが格差は拡大 フレイルの合併も増える 女性はとくに深刻
2022年04月13日
「認知症対策」は待ったなし スマホで認知症予防プログラムに参加 神戸大学がJA共済連などと協業
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【2】 「認知機能低下を防止する生活習慣」「新型コロナウイルスと喫煙・受動喫煙」 ー講演会は継続公開中!
川柳募集2023
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート