一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

日本人の体格が変化 男は太って女はやせた【経済産業省】

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 健診・保健指導

 この10年で日本人の男性は肥満傾向が進み、女性はやせが増えた―こんな調査報告を経済産業省が発表した。
 国民健康・栄養調査などでも指摘されていた男性の肥満傾向があらためて確かめられた結果になった。

日本人のBMIの変化(年齢層別)

ウエスト囲の平均値(年齢層別)

経済産業省委託調査「size-JPN 2004-2006」より
 経済産業省が発表した「size-JPN 2004-2006」は、2004〜06年度に、東京、大阪、兵庫で、19歳から80歳までの男女計6,742人を対象に、体格データを調査したもの。前回調査(1992〜94年度)から12年ぶりに実施した。

 身長や体重、胸囲など約160項目の計測と、全身や手足、頭などの形状など約80項目について調べた。

40歳男性は体重が4kg増加
 報告書によると、男性は30歳以上の全年代で体格が大きくなった。なかでも40歳代は、身長が平均で約3?伸びおよそ170cmに、体重が約4kg増えおよそ70kgになった。肥満指数(BMI)は24を超え、前回調査に比べ肥満傾向が進んでいることがわかった。

 一方で、女性は60歳までの全年代でほぼ体格が細くなった。40歳代では身長が男性と同じく約3cm伸びおよそ157cmだったが、体重は逆に約1.3kg減り約53kgだった。女性がやせの傾向を示す結果になった。

 ただし、女性では30歳を過ぎるとBMIは一貫して上昇し、60歳を超えると太り気味の傾向が目立つようになる。65歳以上では男性とほぼ同等になる。

男性の腹囲平均は85cm以上
 水平ウエスト囲も調べられた。この調査でのウエスト囲は、もっとも下方の肋骨と腸骨稜上縁の中間の高さでの体幹の水平周長をはかったもの。

 男性では40歳から70歳までのほぼ全世代で85cmを超えた。耐糖能異常(糖尿病予備群)や脂質異常症、高血圧などを併発することが多いと考えられているメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、ウエスト径を男性85cm以上を診断基準のひとつとしている。

詳しくは経済産業省のサイトへ
「size-JPN 2004-2006」は、衣類や乗用車などの工業製品の寸法や規格を決めるときの基準となる、からだの寸法や形のデータを収集することを目的に実施された調査。

関連情報

 肥満の程度を判定する方法として、体脂肪量とよく相関するBMI(Body mass index)が、一般的に使われている。日本人ではBMI 25以上を「肥満」、18.5未満を「やせ(低体重)」と判定する。

 肥満は、摂取エネルギーが、消費エネルギーを上回った結果、予備のエネルギーとして蓄積された体脂肪が、必要以上に増えた状態をいう。BMI 25以上が肥満とされるのは、25を超えると糖尿病や高血圧、高脂血症など、多くの生活習慣病が起きやすくなるから。糖尿病と肥満の関連について、下記で詳しく解説している。

糖尿病セミナー 7. 肥満と糖尿病

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年03月26日
【健やか21】「日本脳炎ワクチン供給不足が見込まれる現状についてのお知らせ」の掲載について(日本小児科学会)
2021年02月12日
【健やか21】「地域の実情に応じたアウトリーチ型家庭教育支援の取組事例」の掲載について(文部科学省)
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート