一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

がん発症のリスク、肥満が高める 【世界がん研究基金】

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム がん

 世界がん研究基金(WCRF)は10月、肥満ががん発症のリスクを高めるおそれがあることを強調する報告書を発表した。

 生活習慣とがんに関する研究は、世界の9つの研究機関による学術的な調査をもとに1960年代に始められた。今回の発表は、この10年間に発表された約3,000件を加えた7,000件を解析したもの。がんの発症と野菜や肉、アルコールなどの食品の摂取や栄養摂取、運動などとの関連を5段階で評価した。

 報告書では、BMI(肥満指数)が20から25*の適正体重を維持することが、がんを予防するために重要であることが示された。肥満は食道、膵臓、大腸、乳房(閉経後)、子宮体部、腎臓の各がんの発症リスクを上げるとされた。

*日本人ではBMI 25以上を肥満としている。日本人による調査では、BMI 25で高血圧・高中性脂肪血症、27で糖尿病、29で高コレステロール血症の頻度が倍増することがわかっている。

 報告書では次のことがあきらかにされた。
  • ハムとベーコンなどの加工肉のとりすぎは大腸(結腸・直腸)がんのリスクを「おそらく確実に上げる」。加工肉をよく食べる人は、控えめにした方がよいだろう。

  • 赤身肉が大腸がんの原因となる可能性がより強まった。週に赤身肉を500g以上を食べない方がよいだろう。調理済の肉は調理前の肉700〜750gに相当する。

  • 新生児を半年間、その後も補助的に母乳で育てることが推奨される。母乳で育てることで、母親にとっては乳がん予防に、子供にとっては肥満予防につながる。

  • 栄養補助食品(健康食品)は、がん予防の観点からは特に勧められない。

  • アルコールががんの原因となる根拠がより強まった。飲酒には注意した方がよい。
 また、10年前にまとめられた報告書では野菜と果物は、がんの「発症リスクを下げる」と評価されており、今回もそれらの食品の摂取が勧められている。

世界がん研究基金
脂肪過多はがん発症につながる

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年03月10日
「筋トレ」の実施時間が長いほど糖尿病リスクは低下 家庭や職場で簡単にできる筋トレ
2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート